スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、ももちゃん

ブログもも

病院のもも(雑種・女の子)が、平成26年7月12日に天国へ旅立ちました。享年15歳10カ月でした。
穏やかで、優しい性格だったももは、セラピー犬としてお年寄りの膝の上で大人しく抱かれていたり、輸血が必要な緊急時には、頼もしい供血犬として協力してくれました。

ちびもも
幼少期のもも。子犬の頃、病院の前に捨てられていました。

セラピー活動
セラピー活動時の記念撮影。写真中央で車イスのおばあちゃんに抱っこされているのが、ももです。

開院当初から、来院される多くの皆さまに可愛がっていただきました。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

ゴーヤはじめました。

今年もゴーヤの夏がやってきました。

DSC06948.jpg
病院のグリーンカーテンで毎年恒例のゴーヤが採れました。
どうぞお持ち帰りください!

布引焼

病院に入ってすぐ正面、どんと登場した大きなフクロウに驚かれた方もいらっしゃるのでは?
開院20周年の記念に特別に作って頂いた、滋賀県の陶器、布引焼の作品です。

布1
陶芸家の小嶋太郎さん(右)と小嶋一浩さん(左)。
太郎さん(父)は、「七彩天目」と呼ばれる釉薬を使った独自の技法で、優しく色彩豊かな陶板画の作品を創っている方です。あの大阪万国博のシンボル「太陽の塔」のレリーフを、岡本太郎氏と共同制作された方でもあります。一浩さんはお父様と二人三脚で布引焼を広める活動をされていて、「ふくろう」をモチーフとした作品を数多く手掛けていらっしゃいます。
お二人揃って、完成した作品と一緒に病院まで足を運んでくださいました。

作品のモデルとなったのは、院長宅のバームちゃん!
モデル本人と作品の、ツーショット記念撮影。
布2

ご来院の際は、ぜひ間近で、じっくり作品をご覧になってみて下さい。
細部まで作り込まれた立体的な造り、陰影の美しさ、凛として力強い目元、実物は本当に素晴らしいですよ!
陶器のあたたかみのある雰囲気が、病院の待合室を優しく包んでくれます。

世界に二つとない、素敵な作品をありがとうございました。

初めてのドッグラン

病院の新しい仲間、さくらを紹介します!
さくら

去年10月生まれの、元気いっぱいの女の子です。
見た目はすごく黒ラブですが、れっきとした(?)雑種犬です。

2か月ほど前から、ドッグトレーナーの川辺さんご指導の元、週一回の授業を受けています。
訓練中

わんちゃんの訓練は、飼い主さんの訓練でもあるんですね。
なかなか上手くいかない事も多いですが、これからも一緒に頑張ろうね、さくら!

先日、ドッグランデビューも果たしました!
(まだ他のわんちゃんとは一緒に遊べないので、貸切です。)


体力なさすぎて、すぐにヘトヘトになってしまったさくらでした(笑)
また一緒に遊びに行こうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。